最果は文フリの告知をす。

12月6日の文フリでトルタさん(ブースS−2)が出店をされますが、そこに委託をさせていただくことになりました。置いてもらうのは

この詩集くんと、アンプルの3号です。アンプル3はアンプルシリーズのお試し用として作られた文庫本サイズの冊子です。参加者は

旨井馬、手首町子、TJ Kakuko、黒豆洋海
nobody_2、佐々木雅弥、最果タヒ、新宮栞

92p 編集:須藤崇規

500円なの。アンプルHPでも購入できますけど、送料がかかるので、文フリにいらっしゃる方はぜひちらちらとごらんになってみてください。年末のこたつのおともにぴったりな一冊です。みかんに合う!(アンプル2はデカイので委託しておりません。アンプル3で興味を持たれたりしちゃったら、HPからぜひどうぞでございます。(HPから2とセットで買うとちょっとだけお得なので、文フリでチェックをしてサイトでセットを買う、というのも手です))
  
そして、無料の紙、もといフリーペーパーも置いていただくことになりました。ぜひ持って帰ってください。
   
トルタさんが販売するトルタ4にもこっそり参加しています。詩とエッセイ。トルタらしい遊び心に溢れた冊子となると思いますのでそちらもぜひ!
また日が近くなったら告知します。