茨の道も満開になります。

 free paper
文学フリマに設置する予定のフリーペーパーを作りすぎました。余るよ、かくじつに!
 → 
色は実物にはついていません。白文字もありません。
左側が実物のありのままの姿です。
  
内容は詩(発表済、というか「移住者」)と、散文3本(未発表2本、改訂版1本)です。散文はふまじめとまじめが混在しています。存在とtwitterとキリンについて。A4サイズで片面モノクロ印刷です。薄緑の容器に丸めて入れられていると思いますので、文学フリマに行かれる方は是非一枚連れて帰ってやってください!

薄緑の容器に入れられたフリーペーパーさん
   
文学フリマは12月6日、大田区産業プラザPiOで行われます。委託させていただくトルタさんはブースS−2です。トルタさんがその日発売を開始するトルタ4に私も参加させていただいています。文学フリマ以降は、書店などで委託販売されるそうなので、文フリに行かれない方もチェックしてみてくださいね。(詳細はトルタウェブ)今回のトルタのテーマは「14歳」です。私は詩とエッセイを書きました。
また、フリペだけでなく詩集「グッドモーニング」とアンプル3も置いていただきますのでそちらもよろしくおねがいします!
(以下先日の告知と内容ほぼ一緒)
   
 good morning
詩集グッドモーニング

 ampl

さまざまなジャンルのひとびとがさまざまなことを、保育園のお昼寝前みたいにしたいようにする場所です。おかしを寄せ集めた日みたいにたのしんでもらえたら うれしい!です。

がテーマであるアンプルシリーズのお試し用として作られた文庫本サイズの冊子です。

参加者
旨井馬、手首町子、TJ Kakuko、黒豆洋海
nobody_2、佐々木雅弥、最果タヒ、新宮栞

92p 編集:須藤崇規

500円。アンプルHPでも購入できますけど、送料がかかるので、文フリにいらっしゃる方はぜひちらちらとごらんになってみてください。年末のこたつのおともにぴったりな一冊です。みかんに合う!(アンプル2はデカイので委託しておりません。アンプル3で興味を持たれたりしちゃったら、HPからぜひどうぞでございます。(HPから2とセットで買うとちょっとだけお得なので、文フリでチェックをしてサイトでセットを買う、というのも手です))
  
よろしくお願いします!