わたしは 別マガの まわし者です! でも本音しか言いません。

別マガに連載している「進撃の巨人」がすんごいです。先月に引き続き編集Hさんにエレンどうなったん?!と電話したい気持ちでした。まさに久しぶりに見る王道の少年漫画。もちろん今でも王道ストレートのマンガはたくさんありますけれど、進撃の巨人はその中でも豪腕です。つまり投手にたとえるならば、ど真ん中勝負の投手の中でも「手元で伸びる」とか「浮くような感覚」とかではなく、ただひたすら「速くて打てない!」超剛速球で勝負しています。王道の中でも王道、ど真ん中のど真ん中です。ちなみに内容は、絶対に勝てなさそうな巨人を相手に人間たちがもがく物語。第一話から一気に読み直してみたらさらにすごかった。3月にコミック発売だってさ。必読ってやつだね!
他にも別マガはドスンドスンとくる読みごたえのあるマンガが多く、語りつくすことができないです。今月からながやす巧先生の「壬生義士伝」も連載再開されますし、さらにずっしりとした雑誌になっていくでしょう。こうした重厚な雑誌に「少年」という言葉が冠されていることは現代において本当に素敵なことだと思います。