読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 0220という数値。

超いい名言とかを見かけたとき、それの前後を確認すると、意外にもその言葉が、否定されたり批判されたりした自分自身を正当化するためだけに練りこまれた正論でしかなかったりして、こういうとき人間ってすごいなあ、と思う。動物は保身の時が一番、頭の回転が速くなるっていうし人間も同じだなあ。
歴史上のいい名言や、いい意見の動機が、保身であることなんて結構あるんだろう。つまり人間は、喧嘩やもめごとのときに進化するのかもしれないし、そう考えれば宇宙人が「下等生物」と人間を見下すのも納得できる。なんとも低レベルな進歩の仕方ではある。否定できない。
だってなー、いつまでたっても「対人間」なんだもんなー。人間以外見えていないんだもの。たぶん、そういう自分たちの社会だけでしか思考ができない生物ってのはいいところまではハイスピードに進化しても、きっと頭打ちすると思うんだ。勘だけど。たぶんそうだと思うよ。だって「対人間」つまり、自分たちについてすべての分析がすんだら、一気に好奇心がしぼむってことだから。