読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 たひちゃんがんばっちゃうよ宣言

最果タヒはこの秋より、デザインと言葉の両方を、プランニングし作品化していきます。この世の中において、言葉だけが存在している場所はありません。色や音や風や、そうしたものと共存しているのが言葉です。だったら言葉の表現も、何かと共存していくことが自然かもしれないと考えました。
もちろん、言葉だけで成立する言葉と、デザインや映像と共存できる言葉というのは別物です。目に入る速度や時間、そして見る側の意識の差があり、それらをコントロールしながら、そしてそのためのデザイン・音を作っていく為に、デザインやプランニングそのものも同時に手がけていくことにしました。もちろん素人のデザインやプランニングなど、なんの足しもありませんから、作り出していく作品の密度・レベルの高さについては、保証します。私が通常言葉にお金をもらっているのと同等の、商品価値のあるデザイン・プランニングを制作していくつもりでいます。これは、私のプライドを賭けた問題です。
   
と、いうわけで最初にはじめたのが、最果タヒのHPリニューアルでした。デザインやプランニングがどうこうと言っても、そもそも私は言葉で仕事をする人間です。言葉一本勝負である私のサイトだからこそ、シンプルに、言葉のみでのデザインを行いました。
tahi.jp
このサイトがウェブデザインの専門誌「WebDesigning」11月号に取り上げられ、デザインとして、WEBサイトとして認めていただけたのは光栄です。そしてこれからの最果タヒの「おもしろいことしちゃうぞー!」という志の追い風となりました。正直、ただの個人サイトなんて無視されておしまいかなと不安だったので嬉しいです。
   
言葉単体での仕事ももちろん好きです。ですが、最果タヒは自分がデザインするにしろ、他人がデザインするにしろ、デザインの中に紛れ込む言葉、というものにたいして興味があります。そしてそこにもっともふさわしい言葉というものを書いていけると思っています。(あえて言い切りました)
もし、編集者の方や、その他デザイナープランナーの方で、何かデザインや音や存在とともに、言葉がなにか欲しい、なんておもったとき、最果タヒの名前を思い出してくださると光栄です。そして、そのとき、信頼されるために、期待されるために、私は私自身の力でデザインと言葉の共存を実践していきます。
  
よっろしっくねー!(どんどん!)