読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軌道エレベータークローゼット

模様替えだ。とにかくそういう話題だ。服が好きで、ほうっておくと私の言葉でできあがったお金は服に変わっていく。言葉があみこまれ、売られ、糸が編みこまれた布を買うだなんて…とかうまいのかうまくないのかよくわからないことも思う。とにかく服が多い。服が多すぎてタンスが足りなくて、この世で最も枯渇しやすいのは「場所」なのではないかと思うほどだ。時間だってお金だって、死活問題と言えるほどに困ってはいないけれど、でも場所は、タンスのスペースは…!!端的に言うと服が死にそう。東京の人口密度を超えるレベルで、服がひしめきあっている。
収集能力がどうこう言われるけれど、結局は場所があればいいんじゃないのかなあ。場所があればなんとでもなるじゃん。たとえば均一に棚を並べていって、棚に一つずつに服を入れるとか、そしたら、服屋さんみたいに収納できるじゃないのよさ。それじゃだめなのか。場所がないからって、こうちまちまとやっていくことがそんなに大事なのか!それよりもクローゼットを早く宇宙空間に飛ばして無限のスペースをよこせ!(無重力ならシワもつかないぞ!すごいぞ!)知恵より科学を尊重したい、ヤングな思想の持ち主・最果です。
  
季節っていいものだとは言うんだけれど、結局これって、旅行客視点だと思うんですがどうなんでしょう。そりゃ、ずっと冬の国から日本に行こうと思った時に四季のことを知ったら、わあすてき、って思うんだけれど、でもだからって、猛暑の日々をずーっと2ヶ月も過ごしたくないと思うんですけどどうなんでしょう。ひたすら同じ季節であれば、模様替えもないし、部屋の家電を入れ替えたりもしなくていいし、そういうのって、うらやましいんですけど正直。四季。別にもう話すことがないんで、季節の話をしてみたものの、特にひろがらないし、とにかく言いたいことは私は夏が嫌い。べたべたじとじとみーんみーん。アイスクリームだって冬に食べたほうがおいしい派だよ。空気だってくすんで、星空見えづらいし、やってらんないよねえ。いいのは、風が好きになれるってぐらいかな。