読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぐや姫は宇宙一かわいい。

相手が笑って欲しそうなタイミングで笑えるかどうかそれがコミュニケーション能力のすべてだと思うけど、おもしろくないもんはおもしろくないし、そもそもおもしろくたって、ほほう、とはなるけど、キャハとはならないよね。キャハってどういう音なんだろう。喉壊れてない? というか笑うのがコミュニケーションの道具になるって、なんか終わってない?
   
17歳にとって17歳なんて年齢はちっとも特別ではなく、特別にしているのは大人だし子供だし、17歳未満は17歳に必要以上の「大人」を夢見て、大人は17歳に必要以上の「幼稚」を夢見る。タイムマシンがあって17歳の頃の私にあったなら、私の17歳観なんて「はあ?」って言われるだろうし、謝ることになるのは目に見えているのだ。大人になりきれないというその解釈がそもそもおかしく、17は大人じゃねーよ、だいたい18になった瞬間に大人になってたのか、なってないだろ、ただの高校生だっただろ。物語にちょこまか出すのも結局はそれなりに学校に馴染んで、なおかつまだ受験が本格化していないという、物語を回すのにちょうどいい時期だからっていうそれだけであることを認めるしかないのではないか。まあいいか、それでも。17が特別に思えるのも、そういう暇が起因していると思うんですよね。
   
前にツイッターに投稿した「竹」っていう詩(下記)、かぐやひめなんだな、って思いながら書いてて、まあそれは結果としてそうなっただけなんですが(月が故郷とか急に言い出したからそうなんですかって書いた)、私は昔から竹取物語ちょうすきで、いつかかぐや姫一人称で小説書いてみたいとかいう身分不相応なこと考えています。
  

愛情気持ち悪いって言えない。熱が出ないのに病気とわかって、大人になったということだね。四角い箱に詰め込まれた大人が作る同情がほしくてCDショップに向かうひと。私はかわいそうだって思った方が楽しめる音楽、増えるよね。
夜もやってるケーキ屋さんだけが、たぶんまともな社会です。愛してって言葉ぐらいしか似合わない感情を、具体的にしなきゃ殺されるから、とりあえずで欲しがっている。本当は月が故郷なんです。私をかわいそうだって言っておきたい人がいるから、ここはまだまだ優しい世界。すべて、生まれてきておめでとう。
   
「竹」最果タヒ
https://twitter.com/tt_ss/status/672753333271060480