読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

才能こわい

『祖父江慎+コズフィッシュ』を買った。かっこよすぎて、なんかもう傷ついた。才能は怖い、ということをここまではっきりと教えられるなんてそうそうない。祖父江慎さんのデザインワーク(2006年までの)がまとめられている1冊です。かっこいいし、傷つくし、つまり、要するに、すなわち最高。
   
何にもできなくて、でもなんでもできるような気がして、未来の自分が最強でしかなかった子供の頃はそれはそれでなんにだって無双できたから楽しかったけれど、それでも今、「できないこと」がはっきりわかるようになって、例えば私は歌がへただし、絵も下手だけれど、そういうのがよくわかっているからこそ、すっきりばっさり、気持ち良く才能に殺されることができるのだ。嬉しいね。デザインなんて絶対できないし、私はこの凄さを理解しているのか?ということすらわからないわけだけれど、でもそれでもだからこそ、この1冊に、ギャー!!!って言える。それは本当、全自動洗濯機で念入り洗いしたかのようなすっきり具合。私は無力になりたいですよ。才能の前では無力でいたいです。洗浄力に圧倒されたい。だってそれがいちばんおもしろい。すごいもののそのすごさを一番体感していたい。なんでもかんでも自分の可能性に引き込んで、「わーかっこいいーわたしもしょうらいこんなのやりたいー」って言っている子供時代より確実に世界が面白く見えています(しかしそんな生意気な子供時代、私だけかもしれない)。ちゃんと才能に殺されちゃえて、大人というのはラッキーです。最強より、無力が楽しい。
   
祖父江慎+コズフィッシュ