読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話の軸がどんどんずれていくブログ

本当に今日は書くことがなくて、うんざりしています。きっかけすらない。もう、マツコデラックスさんのこと書くしかないんじゃないか、って思ったんだけれど(週に2回ぐらいは思ってる)、ふと、書くことがないというその話で場をごまかそう、と思ったので、マツコさんの話はまた今度です。
  
なんにも言葉がでてこないときというのはあって、それは別に体調の悪さとかでもなんでもなくて、単に、書くという作業にそこまでときめかないというとき。どうしようもないし、対処もなにもないから、サクサクとインタビュー原稿の確認とか、ゲラ(意味:試し刷りみたいなの)とか見たりする。私は通常ゲラ確認が非常に苦手で、自分が直近で書いた文章を読むと、「ヘイヘーイ!」っていう書いているときのテンションに戻るので、緻密に間違いがないかという確認ができない。つらい。冷静に確認しようとすると、無理やりテンションが下がるからか一気に退屈になって、このままだと自分の書いたもの全てがつまんなく見えそうで、だんだん将来への不安とかが押し寄せてきていろんな意味で大変なのです。貯金額とか見る。読んでしまえば、冷静スイッチが入るのですが、やっぱり書いてからちょっとしか時間が経っていない原稿というのはうまく客観視ができない気がして苦手です。
逆に、時間が経過して、書いた記憶がほとんど残っていない原稿ほど見るのは簡単です。私は自分の書いたものってあんまり覚えていないので、時々、引用されているのを見て、「こんなの書いたっけ……? でも、たしかに私のリズムだなあ、ドッペルゲンガーかなあ」みたいなことがよくあるぐらい。時々、書いていた時に見ていたものとか、テレビの音とか、空気の温度とかを読むと鮮明に思い出すことはあるのですが、そのときですら書いた文面はほとんど覚えちゃいないので、私はほんとう、パソコンで文字列検索ができる時代に生まれてよかったって思っていますよ。ありがたいことですね、テクノロジー。うれしいですね、テクノロジー。そういえばハードSF好きの方には、MANGA ONEでやっている「堕天作戦」という漫画おすすめですよ。